このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年中途入社

田中 咲希

障がい福祉部
介護老人福祉施設から転職。
お子様一人ひとりと密接に関わりサポートする「療育」に興味を持ち、ナチュラルアプローチへ入職。
現在はナチュラルこどもハウス生野区店にて、児童発達支援や放課後等デイサービスを利用されるお子様への支援を行っています。
障がい福祉部/田中 咲希

利用者と密接に関わることができる仕事に興味を持ち入職

ナチュラルアプローチを知ったきっかけは、以前勤めていた介護施設でお世話になっていた先輩からの紹介です。
「高齢者に対して行う介護とは違うけれども、一度挑戦してみない?」とお誘いを受けて、業務を体験させていただきました。
その際、体験を通じて感じたことはお子様一人ひとり、そしてご家族との密な関わりがあるということ。
もともと「利用者さんのご家族とも密接に接してご家庭のサポートをしたい!」と考えていた私にとってこの仕事はとても魅力的でしたね。
またご家族との関係の中で相談支援の経験も積むことができると感じ、入職を決意しました。

「お手伝い」をする仕事

現在の主な業務は、お子様への療育プログラムの提供です。
たとえば、手洗いうがいの指導や一人でトイレをするためトレーニングなど。
このほかにも日々テーマを設定し、お子様の生活能力向上に向けたさまざまなプログラムを実施しています。
この仕事で心がけているのは、お子様と全力で向き合うこと。楽しんでほしいことは自分も全力で楽しむ、お子様が喜んでいるときは自分も一緒に喜ぶ、ダメな行動をしたときはしっかりと注意することを常に意識して業務に取り組んでいます。

全力でお子様に向き合うことで、やりがいも大きくなる仕事です

まず、お子様はとても正直です(笑)。
レクリエーション一つをとっても面白くなければすぐに興味を持たなくなります。
「どのようにアプローチすれば楽しんでもらえるのか?」この問いを考えることが楽しいですね。
たとえば、折り紙のレクリエーション。
ゲームのようにレベルの高い折り紙・低い折り紙を設定することで、とても熱中してもらうことができました。
このようにアイデアや学んだことなど、自分の中にある引き出しを活かして期待以上の成果がでたときは嬉しいですね。

障がいへの理解・知識をもっと深めていきたい

当初の目標であった相談支援にも携わることができるように、障がいへの理解や知識を深めていくことが課題であり目標です。
そのために取り組んでいることは、月に一回開催される全社での研修への参加はもちろん、私生活でも他の事業所が実践している療育内容や事例の情報を収集しています。
また送迎の際にご家族と情報を共有することも重視しています。
なぜならどのようなレクリエーションを行ったか、今日はどんなことができるようになったかを報告したり、ご要望をお伺いしたりなど、日々の何気ない会話の中に新しいプログラムのきっかけがあるからです。
今後も積極的な姿勢を欠かさず、成長を続けていきたいと考えています。

常に成長を実感できる職場です

お子様の成長はとても早いものです。
昨日とは違う新しい一面を見せてくれるようになったり、ともに課題を達成できるようになったりと、毎日新鮮な気持ちで向き合うことができます。
またお子様と一緒に過ごすうちに、刺激を受けて新しい視点や自身の変化に気づくことも多いですね。

正直、児童発達支援や放課後等デイサービスはまだまだ発展途中の事業です。
日々学ぼうとする探求心やお子様を理解しようとする姿勢は欠かせません。
しかし、一人ひとりのお子様と過ごした時間が増えるほど、その経験や思い出が大きな喜びとなって返ってくるとてもやりがいのある仕事です。
ぜひ、皆さんも私たちと一緒に成長してみませんか?
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他の保育関連職に関連する求人票を見る