このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年中途入社

濱田 紗弥佳

障がい福祉部
前職は介護老人福祉施設で勤務。
その経験を活かし、現在は統括業務に携わる一方でナチュラルこどもハウスにて療育の提供も行っています。
障がい福祉部/濱田 紗弥佳

信頼できる知人からの紹介を受け入職

介護職からの退職を考えていた際、知人からの紹介を受けてナチュラルアプローチを知りました。
もともと高齢に伴う身体機能の低下から生じる障がいの知識はありましたが、児童の障がいに対するイメージは一切持っていなかったので、少し興味本位で見学に参加しました。
その見学によって障がいに対するイメージが大きく変わりましたね。
自分が関わったことのない児童の障がいの分野。
新しい経験を積んでみたいと思いました。
またナチュラルアプローチは設立から間もない法人です。
これから成長していく期待と、自分自身も大きくなるお手伝いをしたいと思ったことも入職の決め手となりました。

保護者の方との意識共有は欠かせません

現在はエリア統括として生野区店・鶴見区店で勤務する職員のシフト作成など、労務業務に取り組む一方で、療育の提供も行っています。
イメージしづらい方もいらっしゃるかと思いますが、「療育」とはスプーンやフォークの使い方やお箸の正しい持ち方などの「しつけ」のトレーニングなんです。
療育は児童が不自由なく日常生活を過ごせるようにすることを目的としています。
そして療育を提供する中で大切なことは、保護者の方や職員との意識・情報共有です。
ご家庭でどのようなトレーニングをされているのか、何でつまずいているのか、障がいの度合いはどのようなものかetc…効果的に療育を進めるためにもしっかりと情報共有をしています。

成果を実感できた時が大きなやりがいです

この仕事におけるやりがいは、お子様の成長する過程に立ち会えること。
すべてが私たちのお手柄ではありませんが、成長のお手伝いをできたという達成感と喜びは大きいですね。
同じくお子様の成長に合わせて、これまでの経験だけでは対応できないこと、まだ知識として身についていないことなど、新しい課題に直面することもたくさんあります。
そんなときは保育士に相談したりアドバイスをもらったりと、私自身も毎日が勉強の連続です。お子様の数だけ療育の方法があります。一人ひとりに最適な療育を探す、考える。その試行錯誤が難しいからこそ、やりがいも大きいです。

現場力の向上に注力しています

私個人としても全体としても、現場力を身につけることが課題です。
「現場力」とは効果的なプログラムの提供や効率的なお子様のサポートを行うスキルです。
これを身につけるためには、お子様一人ひとりの障がいに対する深い知識や理解が欠かせません。また私自身、月に一度開催される全社会議にて、ケーススタディや効果的な療育を発表する機会も増えてきています。事業所全体に良い影響を与える存在になるようにこれからも勉強を続けていきたいですね。

挑戦を応援する環境があります

当社の魅力は、働く職員の「人柄」だと考えています。
さまざまな経験や資格を持った方々が在籍しているため、悩みや疑問に対して新しい視点からアドバイスをもらえることができます。
会社としても、挑戦しようとしている方を支えたり、成功するまでサポートしたりする風土がありますので、未経験の方も安心して過ごしていただけるのではないでしょうか。
日々学ぶ姿勢を持ち続ける必要がある大変な仕事ですが、努力した分だけ結果となって返ってくる仕事でもあります。
皆さんと一緒に充実した療育の提供を実現することができれば嬉しいですね。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他の保育関連職に関連する求人票を見る