このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年中途入社

村上 愛佳

障がい福祉部
保育園や児童養護施設にて実務経験を積む中で、障がいのあるお子様にしっかりと向き合える障がい福祉に興味を持ち、ナチュラルアプローチに入職。
積み重ねたキャリアを活かし、最前線で活躍しています。
障がい福祉部/村上 愛佳

お子様一人ひとりに向き合いたいという想いを叶えるため入職

私が入職を決めた大きなきっかけは、障がいのあるお子様一人ひとりにしっかりと向き合える環境がナチュラルアプローチにはあると感じたからです。
過去に所属していた保育園や児童養護施設でも障がいのあるお子様と触れ合う機会がありましたが、次第にもっと深く関わっていきたいと思うようになりました。
そんなとき、知り合いから紹介されたのが当時事業所を立ち上げて間もなかったナチュラルアプローチです。
見学のために訪問した際、「保育士さんの意見も聞かせてほしい!」と温かく迎え入れてくださったことをよく覚えています。
私は専門的に障がい福祉のキャリアを積むことができるだけでなく、これまでの経験も活かせるに違いないと思い、入職を決意しました。

試行錯誤を重ねて療育を提供しています

現在は統括補佐を担当しており、お子様に対する療育プログラムの提供はもちろん、職員の指導も行っています。
療育プログラムを提供する上で意識していることは、「保護者の方々に対してお子様の成長だけをお伝えしない」ということです。
お子様が直面している課題を認識していただくためにも、「できるようになったこと」「できないこと」をしっかりとお伝えしています。
また、お子様にとって今本当に必要な療育プログラムを組み立てる療育計画の作成も大切な業務の一つです。
療育計画の作成については、障がいや成長の度合い、職員の意見に加えて、保護者の方のご意見も取り入れています。

ふとした瞬間に感じるお子様の成長がやりがい

仕事におけるやりがいは、お子様の成長を実感できたときです。
「できなかったこと」が本当にふとした瞬間「できること」になっていたときに嬉しさを感じます。
しかしそれだけではお子様が課題を乗り越えたと断言できません。
事業所でもお家でも、いつでもどこでも同じことができるように保護者の方とも情報を共有し、トレーニングを続けることが必要です。
そして課題を乗り越えたあとに大切なのは、新しい課題に向けて私たちはもちろん、保護者の方も再びスタートラインに立ち返るということです。
常に新しいことにチャレンジするという気持ちでお子様と向き合い、試行錯誤を続けていく。
そんな成長の積み重ねのお手伝いができた際の喜びと達成感はとても大きいですね。

困っているご家族のお手伝いをしたい

現在ナチュラルアプローチは生野区と鶴見区に二つの事業所を構えています。しかし事業所の数的にも人員的にも限界があり、利用を検討されているご家庭のお手伝いができない状況に直面しています。その問題を解決するためにも新しい事業所の開設に注力しています。そして事業所を任せることができる人財を育成することが今後の目標です。

では、療育の現場で求められている能力は何かというと、ズバリ「気づく力」です。
療育は児童を預かるだけというイメージを持たれている方も中にはいらっしゃいますが、ただお子様を預かるだけではありません。
日々の些細な成長や変化に気づくことができなければ、やりがいを感じることはおろか、お子様の課題に気づくことも出来ません。
「子どもが好き!」という想いも大切ですが、それだけでは足りないところが難しいポイントですね。

お子様にも、皆さんにも真剣に向き合う職場です

これまで療育についてお話をしてきましたが、皆さんの中のイメージはどのようなものでしょうか。
「難しそう」、「自分に向いているのかな?」という方もいらっしゃるかもしれませんね。
気づく力とも関係がありますが、大切なことはお子様とまっすぐに向き合えるかどうかです。
一緒に笑ったり、楽しんだり、悲しんだり…
そうして過ごすうちに、お子様との信頼関係も出来上がってきますよ。

経験に関しては入職してから積むことができますし、周りには頼りになる先輩もたくさんいます。
また資格の取得を目指す方には、会社がバックアップもしてくれます。
自身の成長も果たしたいという方にとってはピッタリの環境ではないでしょうか。
成長意欲を持った皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

保育士に関連する求人票を見る